ホンダ製の125cc中華バイク(SDH125-52)を査定、買取に出してみた


中華バイクを売ろうと思っている方、いくらで売れると思いますか?

今回は私のホンダ製中華バイクを売った実体験を皆さんに共有したいと思います。

まず私のバイクは何かというと、中国のホンダバイクを生産する新大洲ホンダ製SDH125-52 Super Storm。

バイクセンターにて車両価格14万円で2013年に新車として購入したものです。

(中国では10万円以下で売られている)

当時はバイクに乗るのが楽しくて乗りまくった記憶があります。ですが、クルマを買ってからは、乗る機会がなくなってしまい、しばらく乗っておらず、売ることを決心しました。

状態としては、バイクに1年近く乗っておらずエンジンもキックでも押し掛けでも掛からないという状況。さらに、一度カーブで滑ったことがあり、ハンドルや、脚を乗せるバーが若干曲がっていました。それ以外は目立った外傷はなく、走行距離は2千6百キロ。

バイク買取比較サイトに登録

まず、初めにしたことは、比較サイトに登録。

使用したのは「バイク比較.com」。

登録した瞬間、本当にビックリしました。登録完了ボタンを押すやいなや、電話が立て続けに鳴りやみません。仕事の合間など忙しい時に登録しないことをおすすめします。(これは買取に来たバイク屋さんも言っていました)

結局、アポを取ったのはバイクランドとバイク王。

バイクランドの査定

早速バイクランドに来てもらいます。ですが、こちらはこの時間でと言っていたにも関わらず、ちょっと早めに来ちゃったので今査定できますか?と2~30分前に電話してくる。しかも、うちの前はクルマ通りの多い結構狭い道にも拘らず、そこにトラックを停めているではないか!

色々いただけないが、とりあえずバイクを見てもらう。

まず、普通だったらマイナス2万円(!?)だけど今回はタダで引き取ります。とのこと。

何だそれは、それじゃ渡せません、とこちらが言ったら1万円に。さらに色々言うと2万円にします。とのこと。

しまいには、これでバイク持っていってもいいですよね?バイク王が来ても広告費がかなりかかってるから、これより高いことはないですよ。一回査定に来るだけでも2万円位の経費が掛かってるから、渡してもらわないと困るんです。

とのことです。駆け引きとは理解しているものの、誠実な対応だとは思えないですよね。最初は人当たりはよかったのですが、だんだん高圧的になってきたなと、個人的に感じました。

価格についてはまあエンジンもかからないし、しょうがないな、という感じ。バイクの年式から最大いくらで、そこからここの修理でいくらマイナス、あそこの修理いくらマイナス、ということで理解はしました。

私からこの後バイク王に来てもらって査定してもらってからじゃないと、判断できない。比較の上、できるだけ高く売りたいと考えている、と再三言ってとりあえず帰ってもらいました。

バイク王で査定

続いてバイク王。1時間後位に来てもらいました。

終始にこやかに対応。私がキックでエンジンを掛けようとしても、なかなか掛からなかったのですが、「ちょっと私がやってみます」とその人にやってもらったら、一瞬で掛かりました。さすがバイク屋。感心します。

最終的には2万7千円を出します、とのこと。営業トークなのかもしれませんが、バイク自体の良さをきちんと理解しようとしてくれる姿勢を感じました。

一応バイク王の方に断った上で、目の前で2万7千円以上はどうか?とバイクランドに電話で聞いてみましたが、その価格は出せませんということで、バイク王に持っていってもらうことに決めました。

まとめ

バイクを売るという経験を初めてしましたが、なかなか面白かったです。それぞれのバイク屋の個性が出ていてある意味いい勉強になりました。今回はたまたまかもしれませんが、何だかんだで大手のバイク王の方がよかったというのは明白でした。これが大手の実力でしょうか。

最終的には14万円のバイクが2万7千円ということで、もともと4万円くらいにならないかなと思っていたので、少し安くなっちゃったなー、と感じました。ですが、日本に正規販売していない並行輸入のバイクで取り扱いもあまりなく部品の手配も面倒なモデルだからな、と勝手に納得しました。

そして、今まであったところにバイクがなくなるとちょっと寂しいですね。。。

以上、皆さんのバイクを売るときの参考になればなと思います!

 

 

 


スポンサーリンク

futsunokaishain

普段は都内某所に暮らすどこにでもいそうなフツーの会社員。でもちょっと面白い生活を送りたい!そんなfutsunokaishainです。

このホームページを運営している目的ですが、

まず1つ目に自分のノウハウや経験などを世の中に発信して皆さんの少しでも役に立てたらという考えから。

2つ目は、フツー会社員でありながらも会社という枠にとらわれずに自分の価値を出していきたい、という思い。

そして3つ目は、少しでも小遣いの足しにできたらなぁという淡い願い。

そんなこんなでやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です